So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部による小沢氏の事情聴取は23日夕、終了した。

 事情聴取は東京都千代田区のホテルニューオータニで午後2時頃から始まり、4時間以上に及んだとみられる。

オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け−秋葉広島市長(時事通信)
鳥取連続不審死 殺人容疑で女の逮捕状請求へ(産経新聞)
ハイチPKO参加へ調査チーム派遣(産経新聞)
携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常−沖縄(時事通信)

耐震偽装で厳しくした建築確認を簡素化 国交省(産経新聞)

 国土交通省は22日、建築確認審査の迅速化を進めるため、6月から手続きの簡素化を柱とする運用改善に乗り出すことを明らかにした。耐震偽装事件後の審査の厳格化によって住宅の新規着工数が大幅に減ったことを受けた措置。

 改善策では、申請に必要なチェック項目を減らし審査の迅速化を進めるほか、構造計算概要書を廃止するなど建築業者が行政機関などに提出する書類も大幅に減らして申請手続きを簡素化する。現在は平均で70日程度かかっている建築確認審査期間の半減を目指す。一方で、違反設計への処分も徹底していくという。

 平成17年に発覚した耐震強度偽装事件を受け、国交省は19年に建築基準法などを改正し審査を厳格化。都道府県や第三者機関で強度の再計算をすることを義務づけ、建築士の罰則強化にも踏み切った。ただ申請のための書類が増え、審査期間が長くなったことで、新設住宅着工の大幅な落ち込みを招いたとの指摘も出ていた。

【関連記事】
ヒューザー控訴取り下げ 耐震偽装損害賠償訴訟
耐震偽装「京都府は予測できない」 ホテル業者の請求棄却 
耐震偽装で川崎市が和解へ マンション住民と
耐震偽装 建て替え中のマンション再建「ようやくわが家に」
耐震偽装訴訟、群馬県への損賠請求棄却 前橋地裁

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
飲酒運転繰り返す、鹿嶋市職員2度目の懲戒免職(読売新聞)
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
国家公安委員長「リーク記事しか書かない」(読売新聞)

医師の被虐待児通報の指針づくりを―臓器移植作業班に提言(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月26日、「臓器提供に係る意思表示・小児からの臓器提供等に関する作業班」(班長=新美育文・明大法学部教授)の会合を開き、7月施行の改正臓器移植法で可能になる15歳未満の小児の臓器提供について、論点を整理した。臓器が提供されないよう定められている被虐待児に関して、日本小児科学会子ども虐待問題プロジェクト委員長の宮本信也参考人(筑波大大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻教授)は、医師が警察に通報するよう指針をつくることを提言した。

 宮本参考人は、「これまでは残念ながら、小児科医に認識が広まっていなかったこともあり、おかしいと思いながらも虐待とまでは考えない、おかしいとも思わない案件がかなりあった」と指摘した上で、「最近の傾向としては、死亡事例や重篤な外傷だけでなく、ネグレクトなどによる重篤な病的状態は(警察に)通報するようになってきている」と説明。その上で、「脳死判定の前の虐待(が疑われる子ども)の除外だけで(議論を)終わらせていては、何にもならない」と述べ、「警察への通報という方向で、指針をつくっていくということが考えられるのではないか」との見解を示した。一方で、「現場の医師は、虐待の事案を扱い慣れているわけではない。そういう患者が来た場合に、指針通りに動くには、ある程度の年月を要するだろう」と指摘した。
 続いて、丸山英二班員(神戸大大学院法学研究科教授)が、「米国では子どものドナーの死因の1割は虐待だ」とした上で、「老人虐待などもあり得る」と指摘した。

 改正臓器移植法では、虐待を受けた疑いのある児童から臓器が提供されることのないよう、移植医療従事者などが適切に対応するよう定めている。


【関連記事】
長期脳死例の調査求める―臓器移植法を問い直す市民ネットワーク
自殺者からの親族優先提供認めず―臓器移植委
小児間の心臓優先提供を検討へ―改正臓器移植法作業班
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省

<サイバー攻撃>対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向(毎日新聞)
全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)
社会医療法人、79法人に(医療介護CBニュース)
爆破予告で入間市立小中学校27校休校!(スポーツ報知)
暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)

口にチャックの民主・大物議員…渡部氏除く(読売新聞)

 前原国土交通相、仙谷行政刷新相、岡田外相ら民主党の「リーダー格」の議員が、小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について、慎重な発言に終始している。

 いずれも小沢氏とは距離を置いているが、閣僚のため、小沢氏を批判して鳩山政権の足を引っ張りたくないとの思いがあるようだ。ただ、若手議員からは「ここで声を上げなかったら、いつ上げるのか。あまりにもふがいない」とのぼやきも漏れている。

 前原氏は、小沢氏に説明責任を果たすよう求めている。静岡県内で17日、記者団に「検察から事情聴取の要請があるのであれば、率先して臨まれるべきなのではないかと思う」と述べた。ただ、小沢氏の続投判断については、「とどまるのは当然だ」と支持した。

 岡田氏はかねて小沢氏の資金管理団体の土地購入問題については発言を控えている。仙谷氏も、石川知裕衆院議員の逮捕後、多くを語ろうとしていない。

 前原氏や仙谷氏らには、党内や世論の空気を慎重に測りたいとの思いがあるようだ。党内には小沢氏を支える強固な組織「一新会」(約50人)をはじめ、衆院当選1回の議員も「小沢チルドレン」と呼ばれるなど強烈な「小沢シンパ」がいる。

 前原氏に近い議員は「もう少し世論の批判が高まらないと、小沢さんとは戦えない」としている。

 表向きはおとなしい「リーダー」たちも、心中では小沢氏への不満を募らせているようだ。

 党大会のあった16日夜、渡部恒三・元衆院副議長を囲む「民主党7奉行」の会には、前原氏は欠席したものの、仙谷、岡田両氏のほか、やはり小沢氏に批判的な野田佳彦・財務副大臣らが出席。出席者は表向き、「小沢氏の問題については話していない」(野田氏)などと一様に口をつぐんだが、実際には会合で「小沢幹事長のままでは民主党は持たない」などの意見が出たという。小沢氏の幹事長続投を認めた鳩山首相の判断を批判する声もあったという。

 一方、「リーダー」たちの「代弁者」のように小沢氏を公然と批判しているのが、渡部氏だ。18日は国会内で記者団に、「思ったことは、徳川時代だってみんな言ったじゃないか。『悪代官のもとで生きていけない』と。まして、今は民主主義社会なんだから、国民の聞きたいことに政治家が答えるのは決まり切ったことだ」と語り、相変わらずの「渡部節」を披露した。

 渡部氏は昨年、小沢氏に代表辞任を求めて不興を買い、政権交代後、党最高顧問の役職を追われた。党内には「渡部氏にはもう怖いものがないから、うらやましい」との声も聞こえる。

<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢幹事長自身での潔白証明に期待(毎日新聞)
<小沢幹事長>「自らの信念通す」 党大会でのあいさつ全文(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」(産経新聞)
<雑記帳>500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)

小沢幹事長 23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏に対して23日、東京地検特捜部による任意での事情聴取が行われる。小沢氏側は終了後、検察側に説明した内容を文書にまとめ、国民向けに「声明文」のような形で公表する意向。小沢氏は20日に党幹部らとの会合で「この問題で近々中に国民の理解を得られる状況を作れる」と話していた。

 ◇虚偽記載の関与否定

 聴取は23日午後から4時間程度行われる見通し。小沢氏は土地購入を指示したことや自らの手持ち資金4億円を提供したこと、購入時に定期預金を組むなどの会計処理について事後報告を受けたことなどを認めるとみられる。一方、この4億円を当時の事務担当者だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)が政治資金収支報告書に記載しなかった政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑については関与を否定する模様だ。

 また、土地購入の時期に中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが胆沢(いさわ)ダム(岩手県)の下請け工事受注の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述していることから、特捜部は土地購入に水谷建設の資金が充てられた疑いもあるとみて、小沢氏に説明を求めるとみられる。小沢氏はこうした資金の授受も否定する模様だ。

 事件では陸山会が04年10月に小沢氏の手持ち資金4億円で東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら同年の収支報告書に記載しなかったなどとして、3人が逮捕されている。

 小沢氏は22日、日帰りで札幌市を訪れ民主党北海道連の新春パーティーであいさつし、夜になって飛行機で東京都内に戻った。

 ◇「ありのままを話すと信じる」…鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は22日、小沢氏が23日に東京地検特捜部の事情聴取を受けることに関し、「ありのままを話されると信じている。自分は潔白だ、ということなので、このことが確認されればいいと思う」と、首相官邸で記者団に語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「お騒がせしている…」パーティーで笑い誘う
小沢幹事長:「近々中に理解得られる状況作る」
小沢幹事長:世界の注目指導者3位に 鳩山首相はランク外
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
小沢氏聴取要請:首相「必要に応じ自身で判断を」

<脱税>不動産会社経営者ら逮捕 銀座のビル転売益申告せず(毎日新聞)
虚偽記載「全く把握してない」=小沢氏、説明文書を配布(時事通信)
<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)
【風】税収アップどこまで?(産経新聞)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)

産科補償制度で原因分析を開始(医療介護CBニュース)

 日本医療機能評価機構の産科医療補償制度原因分析委員会は1月18日、第11回会合を開き、本格的な事例審議をスタートさせた。

 同制度の補償認定者は20日現在、12人。補償対象と認定された事例については、原因分析委員会が脳性まひを発症した原因を分析し、再発防止策などをまとめた報告書を作成する。

 18日の会合で審議されたのは、昨年9月に補償対象と認定された事例。事務局の担当者によると、報告書は早ければ2月にもまとまる予定だが、事例がまだ少なく、補償認定者の特定につながる恐れがあることなどから、報告書の公表は一定の期間を置くことなども検討するとしている。


【関連記事】
原因分析「医療側の考え方で進めるしかない」―2009年重大ニュース(8)「産科医療補償制度」
回避可能性「記載しない」方針を最終決定―産科医療補償制度
責任追及の質問には「答えられない」−産科補償制度で事務局案
原因分析報告書案で議論紛糾−産科医療補償制度
産科補償制度で5事例を初の補償認定

<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
<ハイチ大地震>緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
債務超過後も役員報酬8億円超…ニイウスコー社(読売新聞)

【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)

 鳩山内閣の支持率が続落する中、野党第一党の自民党の支持率は回復の兆しがなく、低迷している。今回の調査でも18・6%と、昨年12月に実施した前回の19・2%から0・6ポイント減った。民主党への期待と自民党への不信が根強いことが一因だが、自民党内には与党の「敵失」を得点に結び付けられない執行部への不満が募りつつある。

 調査では、5項目で民主党と自民党を「比較」したが、すべてで自民党が完敗した。「党首」では谷垣禎一総裁は鳩山由紀夫首相(民主党代表)の半分にも満たず、「党の雰囲気」でも民主党は小沢一郎幹事長の独裁ともいわれるのに34ポイントも差をつけられた。「政策」や「参院選」になると3倍の差だ。

 ただ、自民党支持者に限れば、「党首」71%▽「政策」46・8%▽「党の雰囲気」60・2%▽「人材」54・8%−といずれも自民党が民主党を上回り、「参院選」だけが36・6%で民主党より0・6ポイント下回った。民主党との差を縮めるためには、自民党支持層固めが最優先といえそうだ。

 残る問題は、回復のきっかけをどうつかむかだ。

 大島理森(ただもり)幹事長は「通常国会で国民から自民党の新しい姿を見ていただくことが大事だ」と強調。谷川秀善参院幹事長は「(民主党への)祝儀相場が続いている。国民は自分らが選んだ政権だと思っているから」と分析し、自民党回復にもうしばらく時間がかかるとみている。

 一方、中堅議員は12日の総務会で、谷垣氏に「党の支持率が上がらない理由を調べるべきだ」と注文するなど、自民党内には不満がたまっている。別の若手は「参院選で負ければ自民党は本当に終わるということを、執行部はわかっているのか」として、夏までに党内抗争が起こる可能性を指摘する。

【関連記事】
鳩山首相「幹事長信頼して一枚岩に」
首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN合同世論調査
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり

投資会社を家宅捜索=被害数億円か−無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)
<公訴時効>見直しで刑事訴訟法改正案 通常国会に提出へ(毎日新聞)
<千葉大生殺害>前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
<TBS>不適切取材 車に無断で発信機も(毎日新聞)
小沢疑惑 前原国交相が「説明責任果たすことが大事」(産経新聞)

主な質問と回答 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

 ■本社・FNN合同世論調査 主な質問と回答

【問】鳩山内閣を支持するか

支持する44.3(51.0) 支持しない40.3(40.4)

わからないなど15.4( 8.6)

【問】どの政党を支持するか

民主党32.4(37.2)   自民党18.6(19.2)  公明党 3.8( 2.8)

共産党 3.0( 3.3)   社民党 2.4( 1.8)  国民新党 0.7( 0.7)

みんなの党 4.9( 3.1) 新党日本 0.3( 0.3)

その他の政党 0.7( 1.2)支持政党なし32.1(29.2)

わからないなど 1.1( 1.2)

【問】鳩山政権で、次のものを評価するか

《首相の人柄》
評価する57.0(59.6) 評価しない35.3(34.1)

わからないなど 7.7( 6.3)

《首相の指導力》
評価する14.1(20.7) 評価しない76.5(72.4)

わからないなど 9.4( 6.9)

《景気対策》
評価する23.5(25.3) 評価しない63.6(63.9)

わからないなど12.9(10.8)

《外交政策》
評価する26.0(−) 評価しない57.3(−)

わからないなど16.7(−)

《藤井裕久前財務相の辞任》
評価する39.6(−) 評価しない39.2(−)

わからないなど21.2(−)

《菅直人副総理の財務相への起用》
評価する54.2(−) 評価しない31.0(−)

わからないなど14.8(−)

《日本航空の法的整理方針をめぐる対応》
評価する48.8(−) 評価しない33.0(−)

わからないなど18.2(−)

《米軍普天間飛行場移設をめぐる対応》
評価する18.9(−) 評価しない62.0(−)

わからないなど19.1(−)

《社民党の政権での発言力》
評価する23.1(−) 評価しない62.3(−)

わからないなど14.6(−)

《国民新党の政権での発言力》
評価する20.9(−) 評価しない61.6(−)

わからないなど17.5(−)

《小沢一郎民主党幹事長の政権での発言力》
評価する19.5(−) 評価しない71.0(−)

わからないなど 9.5(−)

【問】18日召集の通常国会で最も優先されるべきことは

景気対策のための予算案の早期成立65.3

政治とカネの問題での事実解明や対策22.2

党首討論など与野党の活発な議論 5.0

政治主導を強めるための体制の確立 6.0

わからないなど 1.5

【問】鳩山由紀夫首相をめぐる政治資金問題について

《これまでの説明に納得できる》
思う27.9 思わない66.6 わからないなど 5.5

《検察側の捜査は十分だった》
思う41.1 思わない45.4 わからないなど13.5

《鳩山氏は首相を辞任すべきだ》
思う22.9 思わない69.6 わからないなど 7.5

《去年の衆院選の投票結果には、政治資金問題も考慮されていた》
思う31.0 思わない56.3 わからないなど12.7

《今夏の参院選に影響する》
思う81.8 思わない14.2 わからないなど 4.0

【問】小沢幹事長の政治資金管理団体をめぐる事件について

《これまでの説明に納得できる》
思う 7.2 思わない89.5 わからないなど 3.3

《検察側の強制捜査は適切だ》
思う74.5 思わない17.9 わからないなど 7.6

《鳩山首相は対応は適切だ》
思う24.7 思わない66.4 わからないなど 8.9

《小沢氏は幹事長を辞任すべきだ》
思う70.7 思わない20.9 わからないなど 8.4

《小沢氏は衆院議員を辞任すべきだ》
思う48.0 思わない40.3 わからないなど11.7

《今夏の参院選に影響する》
思う87.6 思わない 9.4 わからないなど 3.0

【問】日本の首相に一番ふさわしいのは(敬称略)

菅直人13.8( 7.5)  鳩山由紀夫12.1(18.2) 岡田克也 7.5( 7.9)

前原誠司 7.4( 5.5) 原口一博 3.4(−)   小沢一郎 2.9( 9.1)

仙谷由人 1.2( 0.7) 亀井静香 0.9( 1.6)  福島瑞穂 0.7( 1.0)

その他与党議員 0.5( 1.0)

舛添要一13.2( 7.0) 石破茂 5.1( 4.8)   谷垣禎一 2.0( 1.6) 

その他野党議員 4.5( 3.1)

ふさわしい人はいない21.2(25.0) わからないなど 3.6( 4.1)

【問】民主、自民両党のどちらに次の考え方はあてはまるか

《党首が好き》
民主党56.6 自民党25.9 わからないなど17.5

《政策が良い》
民主党57.5 自民党17.6 わからないなど24.9

《党の雰囲気が好き》
民主党55.0 自民党21.0 わからないなど24.0

《人材が優れている》
民主党43.8 自民党28.9 わからないなど27.3

《今夏の参院選で勝ちそう》
民主党60.7 自民党18.2 わからないなど21.1

【問】今夏の参院選を前に、次の動きに期待するか

《鳩山内閣の改造》
期待する60.3 期待しない34.9 わからないなど 4.8

《永住外国人に地方参政権を与える法案の成立》
期待する40.5 期待しない46.7 わからないなど12.8

《与野党を巻き込んだ新党結成》
期待する38.3 期待しない49.1 わからないなど12.6

《都道府県知事などによる新党結成》
期待する37.1 期待しない50.7 わからないなど12.2

【問】鳩山政権はどれぐらい続くと思うか

長くて数カ月程度 6.7(10.7) 今夏の参院選前後まで32.8(38.7)

秋まで26.5(25.7) 秋以降も続く29.9(22.2)

わからないなど 4.1( 2.7)

(注)数字は%。()内の数字は前回平成21年12月19、20日の本社・FNN合同世論調査結果

               ◇

 ■世論調査の方法 調査エリアごとの性別・年齢構成に合わせ、電話番号を無作為に発生させるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で電話をかけ、算出した回答数が得られるまで調査を行った。調査対象は全国の成年男女1000人。

【関連記事】
菅副総理、支持率低下に「残念だが跳ね返せる」 産経・FNN合同世論調査
「幹事長辞任を」70.7% 内閣支持率急落44.3% 産経・FNN合同世論調査
民主党議員は腰抜けか 小沢氏「続投宣言」に無言
鳩山政権 視界「ゼロ」
与党、党首討論提案へ 捨て身の反転攻勢?

石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る(産経新聞)
ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)
<火災>東京の西新橋で13棟が燃える けが人はなし(毎日新聞)
八重山毎日「台湾疎開」に=新聞労連ジャーナリスト大賞(時事通信)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(下)神戸市中央区・旧居留地(産経新聞)

聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じる方針を固めたことについて「(聴取を)受けるか受けないかという話は、小沢幹事長ご自身が判断されることだ」と述べた。
 首相は「(この件で)私の方に小沢幹事長からは連絡はありません」とも語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕−兵庫県警(時事通信)
<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)
「助かってほしい」=発生から5日、家族ら会見−10人乗り漁船遭難事故・長崎(時事通信)
戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も−東京(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。