So-net無料ブログ作成

耐震偽装で厳しくした建築確認を簡素化 国交省(産経新聞)

 国土交通省は22日、建築確認審査の迅速化を進めるため、6月から手続きの簡素化を柱とする運用改善に乗り出すことを明らかにした。耐震偽装事件後の審査の厳格化によって住宅の新規着工数が大幅に減ったことを受けた措置。

 改善策では、申請に必要なチェック項目を減らし審査の迅速化を進めるほか、構造計算概要書を廃止するなど建築業者が行政機関などに提出する書類も大幅に減らして申請手続きを簡素化する。現在は平均で70日程度かかっている建築確認審査期間の半減を目指す。一方で、違反設計への処分も徹底していくという。

 平成17年に発覚した耐震強度偽装事件を受け、国交省は19年に建築基準法などを改正し審査を厳格化。都道府県や第三者機関で強度の再計算をすることを義務づけ、建築士の罰則強化にも踏み切った。ただ申請のための書類が増え、審査期間が長くなったことで、新設住宅着工の大幅な落ち込みを招いたとの指摘も出ていた。

【関連記事】
ヒューザー控訴取り下げ 耐震偽装損害賠償訴訟
耐震偽装「京都府は予測できない」 ホテル業者の請求棄却 
耐震偽装で川崎市が和解へ マンション住民と
耐震偽装 建て替え中のマンション再建「ようやくわが家に」
耐震偽装訴訟、群馬県への損賠請求棄却 前橋地裁

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
飲酒運転繰り返す、鹿嶋市職員2度目の懲戒免職(読売新聞)
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
国家公安委員長「リーク記事しか書かない」(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。