So-net無料ブログ作成
検索選択

<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)

 広島市との共催で2020年夏季五輪の招致を検討していた長崎市の田上富久市長は15日、共催都市としての参加を断念する意向を表明した。同日午前に開かれた市議会の各派代表者会議で明らかにした。田上市長は、市としての単独開催は検討しないとした上で「広島市が正式に(五輪招致に)手を挙げれば、全面的に協力したい」と述べた。

 田上市長は代表者会議で、日本オリンピック委員会(JOC)や国際オリンピック委員会(IOC)の委員から共催への難色を示された経緯を説明。「(1国1都市が申請できるとする)IOC憲章が変わらない中で、これ以上共催の可能性を追うことは、2020年に被爆地でオリンピックを開催する可能性をかえって狭める」と述べた。

 今後の対応については、五輪招致検討委(会長・秋葉忠利広島市長)の中で決めるとしたが、市長は広島市の招致運動に全面協力する考えを示した。

 会議後、田上市長は記者団に対し、共催断念について「残念だが、いろんな方が(共催に)賛同してくれたので、意味はあった」と強調した。秋葉市長には14日に電話で断念の意向を伝えたことを明かし、秋葉市長からは「今後も連携していこう」と呼び掛けられたことを明らかにした。

 また田上市長は、広島市が単独開催招致に乗り出した場合、平和関連イベントなど関連行事への参加を検討する考えも示した。

 長崎市は昨年10月、広島市と共に2020年五輪の招致を検討する考えを表明。だが昨年12月、JOCの竹田恒和会長が両市長に対し「共催は不可能」との考えを伝達。1月12日にもIOC前副会長の猪谷千春委員から「IOC憲章を変えるのは困難」との意向が伝えられていた。【阿部弘賢】

【関連ニュース
広島・秋葉市長:IOC委員と面会へ 五輪招致に助言求め
20年五輪:広島市、単独招致の可能性 長崎市は「無理」
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長
20年五輪:猪谷IOC委員は共催に否定的 2市長と会談

<不法入国容疑>比国籍の女逮捕 背後に偽装婚組織? (毎日新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏 土地取引疑惑も強気崩さず (産経新聞)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
<強風>東京・八王子でクレーン車横転(毎日新聞)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。